シルバーアクセサリー製作日記 by G-IRON SILVERWORKS

シルバーアクセサリーブランド、G-IRON SILVERWORKSがお届けするシルバーアクセサリーの製作工程を紹介するブログ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C.W.C.O.Aペンダントトップ製作工程紹介~その7~

コンバンワ!
G-IRON SILVERWORKSのBOBです。

本日もG-IRONのラインナップから

C.W.C.O.Aペンダントトップ

の製作工程を紹介していきます。


前回、本体の枠となる部分に木材をはめこみました。
DSC09410.jpg

そして裏面には石留めを。
DSC09412.jpg
Φ4mmのキュービックジルコニアが留まっています。


さて、早速続きを。



の前に、今回はメインとなる王冠のパーツを仕上げるところを紹介。

センターにくる王冠のパーツはこんな感じ。

キャスト上がり
DSC09107.jpg

裏には2本の棒が立てられています。
DSC09349.jpg
ちなみに、この時点でフチ部分が平面出しされています。

全体のキズ取りと正面盾部分の平面出し
DSC09348.jpg

燻し後、バフがけ。
DSC09350.jpg
この段階ではまだ仕上げ磨きまでいっていませんが、本体に取り付ける直前に最終的な磨きまで行います。




さて、ココまで来ると、大分作品の完成も近いです。



いよいよ最後の工程に突入。



木をはめ込んだ枠の木材部分にセンターラインを引きました。

そして本体の裏面、2本のピンと同じ感覚で穴あけ。
DSC09467.jpg

本体(王冠パーツ)の裏面のピンは実際の取り付けの際には長さを調整しています。



そして、本体と枠を特殊な接着剤で固定すれば、作品の完成となります!

接着剤の量や固定する際の力加減等、色々と気を使う点があります。



サイトではとっくに販売されているアイテムですが、改めてココで完成品の紹介。

1_20130418230800.jpg
細部にまでこだわりを持って製作した「G-IRON流New Classical Style」とも言うべきペンダントトップ。

3_20130418230837.jpg
ミル打ちを施した外枠に木材をはめ込み、さらに「G」のロゴを入れた紋章をセットしたクラシカルなイメージに仕上げました。

4_20130418230857.jpg
裏面は植物を模したようなデザインの模様を切り抜き、はめ込まれた木材が見えるようにし、さらにセンター部分に石をセット。高級感もプラスしています。
センターの模様自体はクラシカルなイメージですが、全体的にみると何処かモダンなイメージも兼ね備えた模様です。

6_20130418230724.jpg
使用する木材を選ぶことができます。(写真の木は「ローズウッド」です)
・ウェンジ
・エボニー
・ローズウッド
・パープルハート
の4種類からお選び頂けます。

7_20130418230910.jpg

クラシカルでありながら形やロゴマーク等、モダンな雰囲気も兼ね備えた、
まさに「G-IRON流New Classical Style」とも言うべきペンダントトップです!

製作工程もなかなか手が込んでいます。
もちろん木材は全て手作業にてはめ込まれています。

かなり随所にこだわりを持って製作したアイテムです。






という訳で、数回にわたって紹介してきた

C.W.C.O.Aペンダントトップ

の製作工程でした。

結構写真が無い部分も多いですし、流れも曖昧なのでわかりにくい部分も多々あるかと思いますが、その点はご了承下さい。



次はどんなアイテムを紹介するか、それとも違ったアプローチをするか、検討します。


また次回以降お楽しみに!



それではまた!




G-IRON SILVERWORKS OFFICIAL HP : http://www.g-iron.com

ORDERMADE ACCESSORIE特設サイト:http://order.g-iron.com/index.html
WOOD/LEATHER BURNING ORDERMADE:http://order.g-iron.com/w-lburning/index.html

Twitter [giron_bob] : http://twitter.com/giron_bob ---follow me!

Facebook[G-IRON SILVERWORKSページ] : https://www.facebook.com/GIRON.SILVER

USTREAM[G-IRON TV] : http://www.ustream.tv/channel/g-iron-tv
スポンサーサイト

C.W.C.O.Aペンダントトップ製作工程紹介~その6~

コンバンワ!
G-IRON SILVERWORKSのBOBです。


今日もG-IRONのラインナップから、

C.W.C.O.Aペンダントトップ

の製作工程を紹介していきます。



前回はこんな感じ。
DSC09398.jpg
枠となるパーツのキズ取り、平面出し、それからバチカンのロウ付けまで完了しています。

ちなみに、これが裏面。
DSC09399.jpg


さて、今回はこのアイテムの最大の特徴でもある、木材の加工に入っていきます。



まずは木材を用意。

こんな感じで、板材を切って使用します。
DSC09401.jpg
個人的には「ウェンジ」という木材が好きですが、今回は「ローズウッド」をチョイスしました。

板から切り出し、削って枠にハマるように加工。
DSC09402.jpg
おおまかに形を切り出してから、粗めのヤスリでガツっと削て大体のサイズを出して、
その後外枠の内側にピッタリと入るように徐々に削っていきます。

で、形を整えたら実際に外枠にはめてみます。
DSC09403.jpg
ピッタリですが、ご覧の通り、厚みがかなりあります。

というわけで、センターから半分にカット。
裏表の傷を取り、厚みを調整しました。
DSC09404.jpg
これで木材の準備は完了。


次に、この木材を外枠にはめ込んでいきます。

余談になりますが。木材は緩すぎずきつすぎず、「スッ」とはまる感じです。
卒業式でもらう賞状の筒、みたいなイメージがベストです。


で、実際にはめたのがこちら。
DSC09410.jpg
この段階で、本体には燻しが入れられています。
出来る限り木材に負担をかけないように、固定する前に燻し工程は終わらせています。


裏面
DSC09409.jpg
こちらもしっかりと隙間無く入っています。


ちなみに、木材は特殊な接着剤で固定されていますので、外れることはほぼ無いと言って良いでしょう。
木材と銀の隙間から接着剤が漏れないように、接着する位置と量等ももちろん計算済みです。



さて、木材はこれにて完了。


次に、裏面のセンター部分にドリル等を用いてこんな穴を空けました。
DSC09411.jpg
この穴は何か、というと、石(宝石)が収まる場所です。

実際に石を仮置きしてみます。
DSC09412.jpg
ちなみに、Φ4㎜のキュービックジルコニアになります。

実際に石留め終了後はこんな感じ。
DSC09416.jpg
石留め終了後に磨き直しをしています。

近くで見るとこんな感じ。8点留めでガッチリとロックしています。
DSC09415.jpg



さて、ここまで来ると完成まではあと僅か。


ですが、今回はココで終了。


完成は次回!お楽しみに!



それではまた!




G-IRON SILVERWORKS OFFICIAL HP : http://www.g-iron.com

ORDERMADE ACCESSORIE特設サイト:http://order.g-iron.com/index.html
WOOD/LEATHER BURNING ORDERMADE:http://order.g-iron.com/w-lburning/index.html

Twitter [giron_bob] : http://twitter.com/giron_bob ---follow me!

Facebook[G-IRON SILVERWORKSページ] : https://www.facebook.com/GIRON.SILVER

USTREAM[G-IRON TV] : http://www.ustream.tv/channel/g-iron-tv



C.W.C.O.Aペンダントトップ製作工程紹介~その5~

コンバンワ!
G-IRON SILVERWORKSのBOBです。

さて、本日も進めていきます。

G-IRON SILVERWORKSのラインナップである

C.W.C.O.Aペンダントトップ

の製作工程。


前回ですべてのパーツの原型製作が終わりました。

本体はこんな感じ。
DSC09340.jpg

そしてセンターに取り付けるメインのパーツはこんなかんじでした。
DSC09181.jpg

それから、バチカンも同様に制作しましたが、コチラは撮影忘れ。。。


パーツが出揃った所で、型を取ってそれぞれのパーツを複製します。



キャスト上がりがコチラ。
DSC09395.jpg
といっても、メインの王冠パーツは仮磨きまで進んでいる状態です。



ちなみに、メインの王冠パーツ単体で見ると、こんなかんじです。
DSC09352.jpg

正面から。
DSC09351.jpg

さて、本体の仕上げに入ります。


とりあえずは通常の仕上げ作業と同様に、

湯道削り→傷取り→必要なパーツをロウ付け



といった流れで、こう↓なりました。


DSC09398.jpg


DSC09399.jpg
平面出し、それからバチカンが取り付けられています。


ちなみに、ようやくココでバチカンの登場。


バチカンも今回のアイテムに合わせてもちろん一から製作しました。

ミル打ちの施された縁のデザイン&王冠のデザインに合わせて、半球状の突起物が付いています。




といったところで、今回はココまで。


この後の作業はこの作品のクライマックスとも言える段階に入っていきます。

続きをお楽しみに!


それでは!



G-IRON SILVERWORKS OFFICIAL HP : http://www.g-iron.com

ORDERMADE ACCESSORIE特設サイト:http://order.g-iron.com/index.html
WOOD/LEATHER BURNING ORDERMADE:http://order.g-iron.com/w-lburning/index.html

Twitter [giron_bob] : http://twitter.com/giron_bob ---follow me!

Facebook[G-IRON SILVERWORKSページ] : https://www.facebook.com/GIRON.SILVER

USTREAM[G-IRON TV] : http://www.ustream.tv/channel/g-iron-tv



« »

04 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

G-IRON BOB

Author:G-IRON BOB
シルバーアクセサリーブランド、G-IRON SILVERWORKS代表、BOBです!
ココでは主にアクセサリーの製作工程に関して紹介していきます!
興味のある方は是非チェックしてみて下さい!

FACEBOOKPAGE
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。