シルバーアクセサリー製作日記 by G-IRON SILVERWORKS

シルバーアクセサリーブランド、G-IRON SILVERWORKSがお届けするシルバーアクセサリーの製作工程を紹介するブログ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバーレイアイテム製作工程【その11】

コンバンワ!
G-IRON SILVERWORKSのBOBです。

昨日で本体がひと段落したオーバーレイアイテム。


今回からはチェーンを通すパーツ、「バチカン」を製作していきます。


まずはバチカンのデザインを決めますが、今回はシンプルな形状にします。

(今回の作品はオーバーレイの製作工程の紹介の為に製作したので、その場の流れでバチカンを決めましたが、実際には本体と同じタイミングでデザインしていますよ)


バチカンの形状は本当に様々ですが、今回は基本的な形状で特に装飾等も無いデザインです。

チェーンを通す側が本体を通す側よりもちょっと幅広で、平打ちリングをつぶしたような形状。

(分かりずらくてスミマセン・・・)



さて、それでは製作に入ります。

まずは必要なサイズの銀板を用意します。
image-10656768299-10761092378.jpg
板はバチカンのデザイン上、一番幅のある(であろう)部分に合わせます。

正確には、一番幅のある部分よりもほんの少し幅広に切り出すのが良いです。後で整形やらで削ったりしますので。


また、長さは丸めたときに予定の長さになる様に切り出しますが、

長い分には丸める際に調整できるので、あまり気にし過ぎなくても大丈夫です。

短くて足りないくらいなら、長くて余る方が良いです。



で、この板を一度焼鈍し(やきなまし)して柔らかくしてから、実際に丸めていきます。

「焼鈍し」とは、金属を加熱する事で金属の組織を軟化させて柔らかくする技法の事です。

焼鈍しを行っていない銀板は硬く、バネ性があるため、簡単には曲がりません。
 
また、あまりに無理やり曲げるとひびが入ったり、最悪の場合折れたりします。



で、実際に焼鈍ししてから丸めて形を整えたものがコチラ。
image-10656768299-10761092375.jpg
細い部分が本体側、太い部分がチェーン側になります。

別の角度から
image-10656768299-10761092374.jpg


大変申し訳ないんですが、この実際に丸めている部分の写真が無いんです。

作業的に手を止めずに一気に進めてしまいました。。。




方法としては細い心金を使用する方法、ヤットコを使用する方法等色々ありますが、

今回はヤットコ2本で挟みながら徐々に曲げて、最終的に画像のような形状になりました。


ヤットコで曲げる際のコツとしては。

曲げたい部分の両端をはさんで曲げますが、その際

「エイヤッ!」と一気に曲げましょう。

時間をかけてちょっとづつ曲げると、歪みも出やすくなります。


(ただし曲げたいものの形状にもよるので、一概には言えませんが)


で、実際に本体と合わせるとこんなイメージ。
image-10656768299-10761093605.jpg
今回は本体のみのデザインが事前にあって、バチカンのデザインなどは決まっていなかった、という事は先程書きましたが、このあたりでそのアバウトな感じが出ていますね。。。

実際に合わせて見て本体のサイズやデザインを考慮して、違和感のないサイズ、デザインのバチカンにしていきます。


で、形が完成したら、一度切れ目をロウ付けします。


なぜここでロウ付けするかというと、後で形を整形する時やゆがみの調整をする際に、切れ目が離れているとバチカンが切れ目で動いてしまい非常に作業しにくい、という問題があります。

削りやすさや形の調整をしやすくするために、実際にロウ付けしてしまう訳です。




切れ目のロウ付け後、形の調整をしたものがコチラ。
image-10656768299-10761093604.jpg
元のバチカンとは大分幅が変わっています。

本体のCカンに合うように幅を細く削りました。

また、この時点で荒めのヤスリ傷等も消しておきます。

バチカンの形状が完成したら、本体とバチカンをつなぐ工程に進んでいきます。



形が出来たら、ロウ付けした部分を糸ノコで切ってしまいます。


先程ロウ付けした部分と出来る限りずれないようにカットします。

そうする事でロウ付けもしやすくなりますし、何より仕上がりも綺麗です。



せっかくロウ付けしたのに、もったいない、という方もいるかもしれませんが、ここはしょうがありません。納得してください(笑)


で、切った部分をちょっと広げて、本体を通します。それから、元と同じような形状に戻すんですが、
ココが結構気を使う所。

隙間無く接合部(糸ノコでカットした所)が「ピタッ」と合う事が重要です。


で、バチカンを通したのがコチラ↓
image-10656768299-10761093608.jpg



これでバチカンが本体に通りました。


で、実際にバチカンの切れ目をロウ付けしていく訳ですが。。。



それはまた次回!

という事で!



引き続き次回もお付き合い下さい!




G-IRON SILVERWORKS OFFICIAL HP : http://www.g-iron.com

ORDERMADE ACCESSORIE特設サイト:http://order.g-iron.com/index.html
WOOD/LEATHER BURNING ORDERMADE:http://order.g-iron.com/w-lburning/index.html

Twitter [giron_bob] : http://twitter.com/giron_bob ---follow me!

Facebook[G-IRON SILVERWORKSページ] : https://www.facebook.com/GIRON.SILVER

USTREAM[G-IRON TV] : http://www.ustream.tv/channel/g-iron-tv
スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

G-IRON BOB

Author:G-IRON BOB
シルバーアクセサリーブランド、G-IRON SILVERWORKS代表、BOBです!
ココでは主にアクセサリーの製作工程に関して紹介していきます!
興味のある方は是非チェックしてみて下さい!

FACEBOOKPAGE
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。