シルバーアクセサリー製作日記 by G-IRON SILVERWORKS

シルバーアクセサリーブランド、G-IRON SILVERWORKSがお届けするシルバーアクセサリーの製作工程を紹介するブログ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーダーメイドバックル製作工程紹介~その6~

コンバンワ!
G-IRON SILVERWORKSのBOBです。

だいぶ間が空いてしまいました。申し訳ありません!

日頃の事や日常の作業の事なんかはアメブロの方で書いていますんで、もし興味があればそちらをご覧になってみて下さい!

さて、今日もオーダー頂いたバックルの製作行程を進めていきたいと思います。


前回でワックス原型が完成しました。

こんな感じ↓
36_20130624211523.jpg


そのワックス原型がキャストから上がってシルバーになりました。
39_20130724223820.jpg

まずは湯道を削っていきます。これは大体どんなアイテムでも最初の行程です。
40_20130724223819.jpg
↑は削っている途中なんですが、センターの真ん中あたりと下に丸いでっぱりがあるのが分かると思います。

これが湯道。

アイテムが大きいとそれだけ太い湯道が付くので、削るのも結構大変です。

で、湯道を全て削り取りました。
41_20130724223817.jpg
センターのあたりにヤスリの傷がついているのが分かると思います。

湯道を削りとったら、そのまま裏面を進めていきます。

アイテムによって仕上げ方や使う道具はもちろん変わってきますが、今回はシンプルにペーパー(紙やすり)。


紙やすりを緩いカーブの付いた楕円形の木材に巻きつけて、全体を削ります。
42_20130724223816.jpg
こんな感じ。ヤスリの傷が横方向に付いているのが分かると思います。

ちなみに、上に書いた楕円形の木材ですが、これは別にそういった道具が売っているわけではなくて、以前とある理由で作った(と言っても木を削っただけですけど)モノを流用しているだけです。
今回のアイテムとたまたまカーブが近かったので、使ったまでです。

それからペーパーの目を徐々に細かくして、全体の傷を細かくします。
43_20130724223814.jpg
で、全体を#1500までかけたら、次に炭砥ぎ。

炭砥ぎを行う事で微妙な凹みや出っ張り、残ったペーパーの傷などを綺麗に消していきます。

炭砥ぎは人によって行う人と行わない人がいると思います。


僕は作るアイテムや素材によってやるかやらないか決めるのですが、今回のように幅の広いものや平面的なアイテムには良く行います。

磨き前の最後の手順、っていうところです。



これにてとりあえず裏面は一時ストップ。


本日はこの辺りで!



次回からは表面の仕上げに入っていきます!

それではまた!



G-IRON SILVERWORKS OFFICIAL HP : http://www.g-iron.com

ORDERMADE ACCESSORIE特設サイト:http://order.g-iron.com/index.html
WOOD/LEATHER BURNING ORDERMADE:http://order.g-iron.com/w-lburning/index.html

Twitter [giron_bob] : http://twitter.com/giron_bob ---follow me!

Facebook[G-IRON SILVERWORKSページ] : https://www.facebook.com/GIRON.SILVER

USTREAM[G-IRON TV] : http://www.ustream.tv/channel/g-iron-tv
スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

G-IRON BOB

Author:G-IRON BOB
シルバーアクセサリーブランド、G-IRON SILVERWORKS代表、BOBです!
ココでは主にアクセサリーの製作工程に関して紹介していきます!
興味のある方は是非チェックしてみて下さい!

FACEBOOKPAGE
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。